美術学部紀要第1〜10集

巻号 著者名 論文名 ページ
第1集
(昭和40年度)
小山 清男 逆遠近法試論 p.1-35
山本 学治 19世紀初めより1920年代に至る建築の近代化について p.37-77
小口 八郎;
市橋 敏雄;
新山 栄
噴霧法による銅屋根の化学的着色法 p.79-106
菅原 安男 金色堂から発見された金棺の残片による藤原基衡、秀衡の寺伝の帝政について p.1-50
第2集
(昭和41年度)
小野 忠重 日本の木版技術と複製 p.1-42
中尾 喜保 随身庭騎絵巻に対する馬術および馬匹外貌学的考察 p.43-84
小山 清男 晩餐図におけるLeonardoの遠近法 p.85-121
柳 宗玄 ロマネスク柱頭の植物装飾 p.123-143
桜林 仁 適応概念の芸術への適用 p.145-189
新村 撰吉 近世の漆芸における漆工技術の資料調査 : 「百工比照」の色漆(変塗)の製作技術について p.1-25
第3集
(昭和42年度)
小野 忠重 民衆版画考 p.1-37
中尾 喜保 「ミロのヴィーナス」に対する美術解剖学的考察 p.39-73
鈴木 信一 ヨーロッパにおける美術鋳造の技術 p.75-97
六角 頴雄 春慶塗に関する調査研究 p.99-135
第4集
(昭和43年度)
小野 忠重 江戸時代の油性画材の資料について p.1-25
上原 之節 日本の色彩名検索に役立つ新資料の紹介とその資料についての一試論 : 造形的作品についての色彩研究 I p.27-70
小山 清男 Fra Angelicoの受胎告知 : その遠近法と絵画空間についての考察 p.71-107
西村 公朝 広隆寺弥勒菩薩像の構造についての考察 p.[109]-136
建築科(前野 堯) 浄土宗花賞山崇徳寺建築実測報告 p.137-162
前田 泰次;
西 大由;
山川 武;
戸津 圭之介;
松山 鉄夫;
平川 晋吾
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : その一 蓮弁の現状調査報告 : 主として創建当初の部分と補修部分の区分と、その技術的相違について p.1-51
第5集
(昭和44年度)
西村 公朝 聖林寺十一面観音立像の構造・技法・表現についての考察 p.1-25
小口 八郎 日本画の着色材料に関する科学的研究 p.27-93
建築科(伊藤 要太郎) 薬師寺休岡八幡神社及び座衆屋の建築実測報告 p.95-(125)
毛利 登 国宝・重要文化財指定の染色品調査禄(その一) p.1-28
前田 泰次;
西 大由;
松山 鉄夫;
戸津 圭之助;
平川 晋吾
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : そのニ 蓮弁(反り花)及び蓮肉の現状調査報告と銅座鋳造時期の問題について p.29-91
第6集
(昭和45年度)
小山 清男 Angkor遺跡のlintel文様について p.1-(37)
小口 八郎;
沢田 正昭
天平塑像の科学的研究 : 塑像の構造と塑土の性質 p.39-(74)
新山 栄 銀蝋の材質と組織 p.75-(101)
温品 鳳治 複折版の実験的応力解析について p.103-(132)
建築科(前野 堯) 東大寺二月堂参篭所、湯屋及び仏餉屋の建築実測報告 p.133-159
菅原 安男 造仏記 : 高野山金剛峰寺金堂金剛菩薩像 p.1-19
毛利 登 国宝・重要文化財指定の染色品調査禄(その一) p.21-53
前田 泰次;
西 大由;
松山 鉄夫;
戸津 圭之介;
平川 晋吾
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : その三 内部から観察した大仏頭部の構造及び新仏頭鋳造の経緯について p.55-91
第7集
(昭和46年度)
西村 公朝 宗教的視角による仏像美の探究 p.1-(23)
成川 武夫 世阿弥の芸術思想 : 伝書の実存的解明 p.1-49
前田 泰次;
西 大由;
松山 鉄夫;
戸津 圭之助;
平川 晋吾
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : その四 右手の現状調査報告と天正八年修理の意義並びに鋳師弥左衛門について p.51-97
松山 鉄夫 東大寺行基堂の建築年代について p.99-107
第8集
(昭和47年度)
三好 二郎;
小磯 稔
Visual designにおけるH膜(複屈折形位相板)の利用による色彩構成の試み p.1-(21)
小口 八郎 Experimental studies on Japanese traditional coloring copper p.23-(91)
前田 泰次;
西 大由;
松山 鉄夫;
戸津 圭之助;
平川 晋吾;
江藤 日出男;
佐藤 勲;
千野 高保
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : その五 左手の現状調査報告と平安末鎌倉期修理について (附:東大寺図書館蔵弥左衛門資料の紹介) p.1-64
第9集
(昭和48年度)
池田 敏子 美術的に表現された人体像のポーズに関する美術解剖学的研究 p.1-26
成川 武夫 美的実存 : キルケゴールとベッカーとの対比において p.1-32
前田 泰次;
西 大由;
戸津 圭之助;
原 正樹;
松山 鉄男;
平川 晋吾;
江藤 日出男;
佐藤 勲
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : その六(A) 仏躰に於ける創建時の残存部の調査及び創建期造像の経過と技術の説明 (附:白毫、両眼についての補足的報告) p.33-80
磯崎 康彦 東京美術学校カリキュラムと嘱託教員としての森鴎外(明治24〜32年) p.81-114
第10集
(昭和50年度)
寺田 春弌 迎賓館赤坂離宮玄関ホール天井画の新規制作記録 p.1-2
西村 公朝;
本間 紀男
X線による聖林寺十一面観音立像の構造について p.3-36
建築科(川田 伸紘) 海竜王寺西金堂・経蔵実測報告書 p.37-58
前田 泰次;
西 大由;
戸津 圭之助;
原 正樹;
田中 勇;
松山 鉄男;
平川 晋吾;
江藤 日出男;
佐藤 勲
東大寺大仏の鋳造及び補修に関する技術的研究 : その六(B) 仏躰に於ける創建時の残存部の調査とその周辺の補修技術及び型持の調査について p.1-36
磯崎 康彦 東京美術学校における岡倉覚三校長の講義内容 その一「東洋美術史について」 p.37-70

巻号選択画面に戻る


更新日 2007/03/30