電子版 音楽学部紀要 第30集〜

Full text の部分をクリックすると、本文を読むことができます。本文は許可をいただいた方の分のみ掲載しています。

巻号 著者名 論文名 ページ 本文(PDF)
第30集
(平成16年度)
太田 暁子 『音曲節名糸章調』について p.1-10,121  
前原 恵美 『宴遊日記別録』考 p.11-43,115  
大角 欣矢 ハルモニアの語りを超えて:音楽学の成立と変遷をめぐる省察 p.1-18,119-120 Full text
川井 學 『四音構造』の考察:ベートーヴェン晩年の弦楽四重奏曲群を貫くもの(1) p.19-40,114 Full text
ローラン・テシュネ;
[訳・関根敏子]
ソルフェージュ:明日のための教育法(1)−19世紀フランスのソルフェージュ− p.41-60,122 Full text
中嶋 敬彦 ケラーとフォンターネ:知覚描写の違い p.61-75,116-117 Full text
楢崎 洋子 武満徹と1960年代:《ノヴェンバー・ステップス》(1967)に至る変遷と時代状況 p.77-96,118 Full text
樋口 昭;
蒲生 郷昭
鞏県石窟寺にみる音楽図像 p.97-109,113 Full text
第31集
(平成17年度)
遠藤 衣穂 中世末期のミサ曲をめぐる一考察:ギヨーム・ルグランの組ミサを例に p.1-18,171-172 Full text
片山 千佳子 クレオネイデス著 (?) 『ハルモニア論入門』におけるトノスと機能 p.19-36,173 Full text
川井 學 『四音構造』の考察:ベートーヴェン晩年の弦楽四重奏曲群を貫くもの(2) p.37-62,174 Full text
佐藤 眞 ピアノ・ソナタ p.63-88  
塚原 康子 明治30年の宮内省式部職雅楽部 p.89-112,176-177 Full text
ローラン・テシュネ;
[訳・関根敏子]
ソルフェージュ:明日のための教育法(2)−20世紀フランスのソルフェージュ 第1部− p.113-139,175 Full text
渡辺 健二;中村 美亜 音楽分野における大学評価のあり方:英米の取り組みから学ぶこと p.141-168,178 Full text
第32集
(平成18年度)
市瀬 陽子 振子式装置が示す18世紀フランス舞曲のテンポ p.1-16,168 Full text
ジョン・グリブル 外国人としての異国での生活、読者、そして専門的詩作活動 p.17-36,178 Full text
園田 みどり チプリアーノ・デ・ローレとジャケス・デ・ヴェルト(1):ジョヴァンニ・デッラ・カーサ作のソネット「おお、眠りよ O sonno」を歌詞とする2曲のマドリガーレについて p.37-60,171-172 Full text
ローラン・テシュネ;
訳・関根敏子
ソルフェージュ:明日のための教育法(3)−20世紀フランスのソルフェージュ 第2部− p.61-90,173 Full text
中嶋 敬彦 戦記と恋愛小説 p.91-108,169−170  
橋本 久美子 乘杉嘉壽校長時代の東京音楽学校 昭和3年〜20年:その建学の精神の具現化と社会教育論の実践 (1) p.109-140,166-167 Full text
伏木 香織 加えられたグンデル・ワヤン:バリ島の正月ニュピをめぐる新習慣と村の音の10年 p.141-162,165 Full text
第33集
(平成19年度)
遠藤 衣穂 組ミサの成立について p.1-14,196 Full text
尾高 暁子 両大戦間期の中日ハーモニカ界にみる大衆音楽の位置づけ p.15-34,201-202 Full text
加原 奈穂子 都市活性化における祭りの創造 : 「おかやま桃太郎まつり」の事例を中心に p.35-60,199-200  
関根 和江 ケーベル先生の「シエルツ」 : 明治31年の音楽会 p.61-82,203 Full text
園田 みどり チプリアーノ・デ・ローレとジャケス・デ・ヴェルト(2):ジョヴァンニ・デッラ・カーサ作のソネット「おお、眠りよ O sonno」を歌詞とする2曲のマドリガーレについて p.83-112,204 Full text
ローラン・テシュネ;
訳・関根敏子
即興 : 内的ソルフェージュ p.113-144,205 Full text
フベルトス・ドライアー 《主なき槌》の主 : 分析的な一考察(〈激怒する職人〉を中心に) p.145-162,195  
花本 知子 アントニオ・タブッキ作品の自伝的要素〈父〉について p.163-181,197-198 Full text
廣田 美玲 The Rise of an equal marriage in Pride and prejudice = 『高慢と偏見』における平等な結婚の誕生 p.183-191 Full text
第34集
(平成20年度)
大河内 文恵 J.A. ハッセのト長調ミサ曲の成立過程について p.1-16,216 Full text
片山 千佳子;
関本 菜穂子;
安川 智子
ダランベール著『ラモー氏による理論的・実践的音楽の基礎原理』に関する考察 p.17-38,209 Full text
木村 敦夫 島村抱月の通俗演劇論 p.39-57,210-211 Full text
近藤 静乃 四天王寺聖霊会における伽陀付物の音楽的考察―現行例を中心に― p.59-76,212-213 Full text
瀧井 敬子 新発見の森鴎外直筆の「オルフェウス」第二訳稿をめぐって p.77-94,217-218 Full text
ローラン・テシュネ;
訳・関根敏子
即興 : 内的ソルフェージュ(2) p.95-103,219 Full text
橋本 久美子 乘杉嘉壽校長時代の東京音楽学校 昭和3年〜20年―その建学の精神の具現化と社会教育論の実践―(2) p.105-121,206-207 Full text
平井 真希子 《オルガヌム大全》研究の歴史と展望 p.123-138,208 Full text
伏木 香織 メディア・コングロマリットによるイメージ戦略―ポップ・バリとローカル・アイデンティティ― p.139-156,205 Full text
宮内 勝 演奏の現象学 p.157-172,215 Full text
山下 薫子 芸術、文化、環境―これからの音楽科教育と教員養成に求められるもの― p.173-188,221 Full text
渡邊 未帆 日本のモダンジャズ、現代音楽、フリージャズの接点―草月アートセンターと新世紀音楽研究所の活動を例に― p.189-202,220 Full text
満留 伸一郎 《離脱》の前後―島尾敏雄《家の中》について― p.1-14,214 Full text
第35集
(平成21年度)
大河内 文恵 J.A. ハッセにとって完全ミサ曲とは―変ホ長調ミサ曲 (M6) を例にして― p.1-16,197 Full text
川井 學 『対称中心』の思考と耳 p.17-41,190 Full text
木村 敦夫 「大衆」の時代の演劇―島村抱月と小山田薫の民衆芸術観― p.43-58,191-192 Full text
繻` 亜樹子 不等分か等分か?―フランス18世紀音律の色彩、その曖昧さの魅力― p.59-73,193-194 Full text
齋藤 理恵 ピピロッティ・リストの映像作品における実験性からみる今日のビデオ・アートとポピュラー文化との関わり p.75-90,198  
出口 丈人 映画史の史観についての一仮説 p.91-106,187  
Dreyer, Hubertus
(ドライヤー, フベルトス)
Die Asthetik des "Marteau sans maitre" und Peirce "Ground" = 《主なき槌》の美学とパースの「根底」 p.107-124 Full text
濱崎 友絵 「トルコ五人組」と新しいトルコ音楽―アハメド・アドナン・サイグンの<ボズラク>を例に― p.125-140,188 Full text
平井 真希子 オルガヌムの歌い手たち p.141-156,189 Full text
毛 Y 中国伝統箏曲における「八板」の変容 p.157-170,195 Full text
森田 都記 能管における唱歌と音楽実体の結びつきに関する一考察 p.171-183,196 Full text
鳥谷部 輝彦 七仏薬師法における奏楽 p.1-16,199-200 Full text
第36集
(平成22年度)
大森 晋輔 ピエール・クロソウスキーにおけるタブローの概念 p.1-20,204-205 Full text
岡田 恵美 コルカタのハルモニウム産業にみる都市性 p.21-36,203 Full text
葛西 周 近代日本における楽器展示とその効果 : 内国勧業博覧会を中心に p.37-49,201  
加原 奈穂子 昔話の主人公から国家の象徴へ : 「桃太郎パラダイム」の形成 p.51-72,199 Full text
上山 典子 ブレンデルによるベルリオーズ=リスト=ヴァーグナーの「三人組」概念創出と「新ドイツ派」提唱の戦略 p.73-86,200 Full text
倉田 賢一 Reading Proust with George Eliot = プルーストをジョージ・エリオットとともに読む p.87-102,187  
三枝 まり 東京音楽学校における『新歌曲』(1931) 編纂 p.103-120,206 Full text
佐野 隆 Ut, Re, Miの調性でみるコンペールのシャンソン p.121-136,207 Full text
関根 和江 シモン・ゴールドベルク文庫 (1) p.137-160,208 Full text
中村 美亜 <音楽する>とはどういうことか? : 多文化社会における音楽文化の意義を考えるための予備的考察 p.161-178,202 Full text
橋本 久美子 乘杉嘉壽校長時代の東京音楽学校 昭和3年〜20年―その建学の精神の具現化と社会教育論の実践―(3) p.179-194,197-198 Full text
第37集
(平成23年度)
木村 敦夫 文化政策としての「国民文芸会」の活動 p.1-16,220-221 Full text
関根 和江 シモン・ゴールドベルク文庫 (2) p.17-42,229 Full text
塚原 康子;
平高 典子
海軍軍楽隊長・吉本光蔵のベルリン留学日記 p.43-60,230-231 Full text
中田 朱美 19世紀末イギリスと渡英ロシア人―ロシア音楽受容と人的交流に関する一考察― p.61-75,225 Full text
成田 麗奈 バレエ・スエドワ(1920-1925)と前衛音楽家としての「フランス六人組」イメージの形成をめぐる一考察 p.77-94,226 Full text
西尾 千尋 ビデオアート作品 "Bouncing in the corner No. 1" における行為の分析―ブルース・ナウマンが部屋の隅で見つけたこと― p.95-109,227-228 Full text
平井 真希子 《オルガヌム大全》のリズム p.111-125,219 Full text
廣田 美玲 Variant representations of wealth in Sanditon (『サンディトン』における富の表象―財産継承、投機、植民地からの富―) p.127-138 Full text
丸山 洋司 即興演奏を身につけるということ―シタールの学習と演奏についての一考察― p.139-155,222-223 Full text
村井 沙千子 プロデューサーとしての堀内敬三―日本放送協会における洋楽受容拡大を目指した試み― p.157-170,224 Full text
山下 薫子 音楽教育者としての園田高弘 p.171-185,234 Full text
吉中 俊貴 ハンス・ザックスという政治者―カール・シュミットのワーグナー論についての試論― p.187-200,235 Full text
和田 ちはる 時代とともに変わる音楽作品の意味―ハンス・アイスラーの《ドイツ交響曲》のあり方をめぐって― p.201-215,232-233 Full text
第38集
(平成24年度)
菅野 将典(雅紀) 武満徹における「2」と「水」の美学 : 空間語法と時間語法の観点から p.1-16,112-113 Full text
関根 和江 シモン・ゴールドベルク文庫 (3) p.17-48,111 Full text
高橋 智子 音楽の表面、絵画の表面 : M. フェルドマンの《ロスコ・チャペル》をめぐって p.49-66,115 Full text
土田 牧子 女役者という存在とその歴史的位置づけ : 中村歌扇の芸歴を通して p.67-85,116 Full text
橋本 久美子 乘杉嘉壽校長時代の東京音楽学校 昭和3年〜20年―その建学の精神の具現化と社会教育論の実践―(4) p.87-104,107-108 Full text
ククリンスキ アンドレア (Andrea Kuklinski) 発話行為と語り : 覚一本『平家物語』の合戦場面における作中人物の話法について p.1-19,109-110 Full text
杉本 和寛 零本『好色閻魔歌舞記』小考 p.21-36,114 Full text
第39集
(平成25年度)
植村 幸生 東京藝術大学図書館蔵「中樞府重修宴契會圖」にみる十六世紀朝鮮の宴礼楽舞 p.1-20,137-138 Full text
大塚 直哉;
太田垣 至
東京藝術大学所蔵C.グラーフ作ピアノ(No.2627)のハンマーヘッドの革について p.21-38,133 Full text
木村 敦夫 トルストイの『復活』と島村抱月の『復活』 p.39-58,131-132 Full text
佐藤 文香 ゲオルギオス・ラムベレット(1875〜1945)のギリシア民俗音楽観 p.59-76,134 Full text
関根 和江 園田高弘文庫 p.77-98,135 Full text
平舘 ゆう 井手茂太のダンス観とダンス・セラピーの交差する眼差し : ダンスがもたらす自由と「その人らしい動き」をめぐって p.99-112,136 Full text
横山 淳子 『恋人の傍ら』における詩と音楽 : ドイツ歌曲の発展とゲーテ p.113-128,139-140 Full text

巻号選択画面に戻る


更新日 2016/07/15